2回目のデートにつなげる2大技術

2回目のデート

 

  • 2回目のデートの誘いは初回デート中にする
  • デート後、こちらから LINEをしない

 

マッチングアプリで1回目のデートはできるけど

2回目につながらないって言う人が多いんじゃないでしょうか?

 

実際会ってみてあなたが、

 

「思ってたのとちゃう~」

「2回目ないわー」

 

って思うかも知れません笑

しかし、

 

「もっかい会いたいなー」

「思ってたより良かった」

 

って思う時に限って会えない。

 

悲しいですよねー

2回目も会ってもらうためには、

やはり気にいってもらわなければなりません。

 

2回目に会ってもらえない理由

 

外見が女性の想像とちがった

 

「写真ではオシャレにしていたのにデートの時は違った」

「清潔感のある爽やかな感じだと思ったのになんか違った」

 

と思われたのかもしれません。

 

女性のほとんどは見た目で判断しません。

ですが身だしなみに関する記事でも書いたように、

手を抜いてしまっていたら

確実に恋愛対象外にされてしまいます。

 

モテたいあなたならほぼない理由かも知れませんが、

初回デートは特に見た目を気にしてのぞみましょう。

 

デートがつまらないと思われた

 

つまらないと思われること。

会話が無難過ぎて、感情の起伏がなかった可能性があります。

 

初対面で会ってしばらくは

お互いを知るための質問もいいでしょう。

ですが、終始無難な質問、

 

  • 仕事の話
  • 趣味の話
  • 休みの過ごし方

 

なんかは、かなりインパクトのある内容で

話し上手でないと好意は上がりません。

 

じゃあ、どんな話が好意を上げるかというと

女性の感情を動かす話です。

 

例えば恋愛話

元彼の話を聞き出せば、

好きな傾向やその女性にとってのNGなんかも

参考にできて一石二鳥です。

 

恋愛話の振り方などはこちらで紹介しています。

 

2回目のデートの誘いは初回デート中にする

 

デート後に LINEで誘うことのデメリット

 

それは、圧倒的に断りやすいからです。

 

初回デートである程度

好感度を上げていなければ、

簡単に断られます。

 

下手すれば、悲しい響きでおなじみの

既読スルー、未読スルーなんてことも笑

だからこそ、会ってる時に誘う方がいいのです。

 

2回目のデートの誘い方

 

女性との会話の中で好きなものをリサーチします。

例えばいちごが好きだとすると、

 

じゃあ、今度いちご狩りいこうよ!

 

と誘えばいいのです。

その際、

 

良ければ行きませんか?

 

と、疑問形で言わずに

 

行こう!

 

とはっきり言った方が

頼りがいがあって好感度が上がります。

 

デート後、こちらから LINEをしない

 

なぜこちらからしないのか?

それは、

 

初回デートでの自分の評価を確認するためです。

 

明らかに初デートで好感持たれてるって時は

こちらから LINEしても大丈夫ですけど、

その場合は待ってても必ず来るはず。

 

気に入ってもらえてない場合に、

自分から送ってしまうともっと

好感度が下がって

既読、未読スルーされてしまうでしょう。

 

だから、好感度の良し悪し両方に対応できる、

相手の LINEを待つ方がいいのです。

 

2、3日しても来ない場合は

 

「ないわーっ」

て思われた。

もしくは、

女性が奥手で待っている

可能性があります。

 

3日後に

ありがとうメールを送りましょう。

「ないわー」

って思われていたら返信はこないでしょう。

 

返信がある場合は、

初回デートで決めた2回目のデートのことを

詰めていきます。

 

2回目デートまでメッセージで

好意を上げることは考えず

ミスしないようにやりとりしましょう。

 

まとめ

 

2回目のデートにつなげるには

  • 初回デート中、次のデートに誘う
  • デート後、こちらから LINEをしない

 

とはいえ

初回デートで楽しませることができれば、

2回目のデートの確率は高いでしょう。

 

それプラス、より確率を上げるために

紹介した2大技術を使ってみてください。

 

これを知っておくと

今までより何倍も

2回目のデートにつながることでしょう。

白川ことは

コメント

タイトルとURLをコピーしました